【生徒募集】1ヶ月で正しい勉強法と生活習慣を叩き込むプログラム

2019年9月12日

普段は個別塾にて授業をしているのですが、いくつかの理由でこちらでオンライン家庭教師・勉強法コンサルの生徒を募集することにしました。

勉強の中身は教えません。
科学的根拠のある勉強法、コンディション管理の仕方、科学を最大限活用する方法を1ヶ月で徹底的に教えます。

塾や予備校に通う前、独学で受験・資格試験勉強を進める前などにご利用ください。
必ずその後の勉強の効率を高めます。

私が普段、個別指導塾で大学受験を指導していることもあり、メインターゲットは大学受験を見据える受験生ということになりますが、例えば資格試験を受けるために勉強法を確認したい方などもどうぞ。

急にこんなビジネスめいたことを始めようと思ったのにはいくつか理由があるのですが、詳しくは後日また書こうと思います。簡単に言えば現在勤務している個別塾では自分の理想とする指導を最大限おこなうことができないこと、生徒さんからいただいている金額の割に私に入ってくるお金は雀の涙ほどしかないこと(笑)、現状の受験教育があまりにもずさん過ぎること(せっかくの科学の研究成果が全く活かされていない・精神論がまかり通っていることetc)があります。

はじめに – 自分の勉強法は大丈夫か?

勉強をしていて、自分の勉強法が正しいかどうか考えたことはありますか?

世の中には面白い研究をする人たちがいて、その中に「どう勉強すれば一番効率がいいのか?」を追求している科学者たちがいます。このブログでも紹介しています。一例を挙げれば、繰り返し読む勉強がいいよとよく言われるけど本当にそれって効率的なの?っていうこと。研究者によればもっと効率がいい勉強法があります。(詳しくはこちら「繰り返し読むよりも長期記憶を強化する勉強法【科学・研究論文】」)。

この例からわかるように、効率がいい勉強法は研究で解明されているという事実があります。

しかし、それにもかかわらず受験業界ではそれらの成果を活用していません。個々人の先生の経験に基づいて「この勉強法をやるといいよ」という指導がまかり通っているのが現状です。また、精神論で「とにかくやれ」という指導を行う先生も未だに少なくありません。僕に言わせれば頑張ることも身につけるべき一つの能力なんですよ。ただ「やれ」って言ってもできない生徒なんて山ほどいて、彼らにどう接するかだって大事なことなんです。

現在解明されている科学・研究の成果を利用すれば、受験生ができることは今行われている以上に多くあります。それは勉強のやり方にとどまりません。僕は家庭教師を1年、個別塾講師を5年やっていますが、痛感していることがあります。それは、長時間勉強しただけでは伸びにくい生徒はたくさんいるという事実です。どの塾も予備校もこの事実からは目を背けます。東大に何百人合格!の裏には1年間予備校に通ったけど偏差値が1も伸びず不合格の生徒が山ほどいるのです。

この原因は何か?それは勉強するためのコンディションが整っていないからだと考えます。身体の状態、脳の状態ということです。平たく言えば「地頭」というのも関わってきます(詳しくはこちら「結局「頭の良さ」とは何か:脳科学研究まとめ(随時更新)」)。現在の塾・予備校はこの点に関して完全にノータッチです。でも、本当に生徒をワンランク上の大学に受からせるためには、この点こそが最も重要な点といっても過言ではありません。そして、これを改善させる方法もいくつかあるのです。それらのできることを全て行うことで、間違いなく勉強の効率は圧倒的に向上します。自分の勉強にブレイクスルーを起こすためにはこれらの方法を使ってボトルネックを解消していく必要があります。

簡単な自己紹介

偉そうに語ってきましたが、お前誰だよって話ですよね。

簡単に自己紹介しておくと、25歳男性、慶應義塾大学大学院の修士課程で脳科学の研究をしています。脳の研究をしようと思ったきっかけは「頭が良い悪いって何が違うの」ってことでした。僕自身の原体験として、受験生の時に圧倒的な天才がいる一方で、どうしても成績が伸びない奴もいる。この違いって何で、どうすればその差は埋められるのかということに興味を持っていました。また、大学1年時から家庭教師や塾講師として生徒と徹底的に向き合う中で、限界を超えて生徒の成績を伸ばす方法はないのか?と考えてきました。これが脳に興味を持つきっかけとなりました。ということで、どうすれば成績が伸びるのかということには人一倍興味を持って生きてきました。だからこんなブログを書いているんですね。研究テーマに関してもいずれこのブログで書こうと思います。

そして、ちょろっと書いてきましたが、大学1年時には家庭教師を、それから今までずっと個別指導塾で5年ほど勉強を教えてきました。接してきた生徒は多分50人ぐらいになったでしょうか。その一人一人と徹底的に向き合ってきました。個別指導講師というと、集団塾講師よりも下に見られるかもしれませんが、一人一人と向き合ってきた密度は確実に個別講師の方が高いです。だからこそ見えてきたものがあります。

 

指導の特色・目的・目標

私の指導では、1ヶ月間かけてその後の勉強の効率を高めブレイクスルーを起こす方法を徹底的に教えます。その後、塾や予備校に通うにせよ、参考書で独学するにせよ必ず生きてくる勉強の方法や生活習慣を教えます、というか叩き込みます。生徒さんが本来受かる大学または資格などのワンランク・ツーランク上への合格を実現します。

 

指導内容

話が長くなってしまいました。内容に移ります。大雑把な流れは現在所属している塾で行なっているものを参考にしつつ、今までできなかったことを散りばめていくという形になります。なので、変な指導されるんじゃないの、と思わずご安心いただけると幸いです(笑)。

内容1:勉強法の確認・指導

事前に、使用している参考書・問題集などをメール等で教えてください。まずはそれを利用し、今自分がどの程度効率的に勉強ができているのかを評価します。そして現状の勉強に足りないものを指摘し改善法を示します。この段階で、研究成果を交えた勉強法を伝えていきます。

内容2:次回に向けての課題

その日の内容を元に、次回までに最低限こなしてきてほしいことを、いわば宿題として設定します。これを4サイクル回すことで勉強のやり方を定着させます。1サイクルで完璧になる生徒はいませんし、逆に何ヶ月もかけて行うことではなく、その意味で1ヶ月が最適と考えています。

内容3:学習についてのヒアリングとアドバイス

現状の学習でボトルネックとなっている点を洗い出し、どうすればそれらを改善することができるのか、脳科学・心理学の観点から提案を行います。勉強は心身の健康が担保されて初めて効率を上げることができます。今までの受験業界ではこの点を軽視してきましたが、これも非常に重要な点と位置づけ指導を行います

内容4:LINE等を利用したフォローアップ

いざ家に帰ってやってみるとよくわからなくなった、などということもあると思います。そのような時のためにLINE等を利用して簡単に質問できる制度を用意いたします。

内容5:その後の勉強(塾選びなど)についての相談

1ヶ月で勉強のやり方はわかったけどその後はどうするか、ということについても希望があればお話しいたします。予備校に通うべきか、個別指導塾に通うべきか、それとも受験サプリや参考書を利用して独学するべきか、これはその人の性格にもよる部分がありますので、僕の経験も交えてお話しします。

 

システム

指導回数・期間

指導回数は週に1回30分×4週間となります。1ヶ月間の短期で勉強法を徹底的に見直すことで、そのあとの学習や授業の吸収率を高めることを狙います。さらに後述しますが、LINE等を利用して学習のフォローアップや簡単な質問応対を行います。

指導場所

オンラインのSkypeでの

料金

上記のサービスを全て含め、10,000円8,000円で承ります(初期に限り値下げしました。軌道に乗ってきたら10,000に戻す予定ですので興味がある方はお早めにご連絡ください)。それ以外のお金(交通費等)はいただきません。高いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、私が勤務する塾での月謝は一番安いプランで4-5万円程度となっています。また、私の指導では特に最初の1ヶ月に勉強のやり方等を重点的に詰めますので、最も密度が高いのが初めの1ヶ月であると考えます。普段指導している個別塾ではあまり表立ってすることができないアドバイスも含め全力で対応しますので、決して高い金額ではないと私は考えています。この1ヶ月で、その後の勉強を加速させましょう。

お支払いはLine payなどを想定しております。何かございましたらご相談ください。

応募方法

まずはご連絡ください。
応募はTwitterのDMまたはメール(atonce13●yahoo.co.jp)で●を@に変えて送ってください、よろしくお願いいたします。不安な点もあると思いますので、まずはDMはメールでの簡単な相談からでもどうぞ。
Twitterアカウントはこちらです→@leems_brain

 

最後に

受験というのは決して甘いものではありません。3ヶ月でMARCH、誰でも東大なんて話を聞きますが、そんな簡単なものじゃないんです。個人個人に「壁」というものは存在し、それを乗り越えるのは生半可なものではありません。その壁を本当に越えるために必要なのは、僕の経験上「科学的な視点」なんです。科学に基づく勉強法、科学に基づいて頭の回転を速くする方法、健康な心身を作り出す習慣。これらが揃って初めて本当に壁を越えることができます。誰もがMARCHに、早慶に、東大に簡単に受かる方法なんてものはありません。ですが、少しでも、かつ最大限にその確率を上げる方法を私は伝えることができます。それが、ひいては受験を超えて役に立つスキルともなるはずです。私は全力で対応しますので、皆さんも全力で来てください。ご連絡お待ちしております。

Twitter