塾講師が5年越しにセンター物理(2017年度)解いた結果

今年(2017年度)のセンター試験英語を解いただけ

↑英語はこちら

5年越しにセンター数学1A(2017年度)解いただけ

↑数学1A

 

5年越しにセンター物理を解く

最後に受験をしてからもう5年ほど経つのですが、

センター試験解いたら何点取れるんだろう

と思い立って東大に必要な5教科7科目解いてみる企画です。

 

塾で勉強の仕方を生徒に教えているので、そのために改めて何が重要なのかというのを考え直すきっかけにしたいとも考えてます。

点が取れなかった時の言い訳ですが、全科目を授業として教えてるということはありません。

主に教えてるのは英語と勉強方法です。

 

今回は物理。

受験生時代は一応得意科目だったので、どのぐらい記憶が残っているか・・・

ちなみに浪人時のセンターは100点でした(現役時は確か30点ぐらい)。

(物理の勉強法についてはこちら→【大学受験】物理の勉強法

 

目標

力学・電磁気・熱・波動

たぶん力学はそれなりに覚えてる。他は正直全く覚えている自信がない。

覚えてる知識を無理やりつなぎ合わせて、単位とかから推定して・・・

80点目標にしてみることに。

 

結果は・・・

力学あんま出てないやん・・・

こんな出ないもんだっけ?

大問として出たのは第5問の天体の問題だけ。

いや天体はほとんど覚えてねえ・・・

 

結果はこちら

f:id:lifehack719:20180629233022p:plain

82点!

意外となんとかなるもんですねぇ。

そして唯一覚えてると思ってた力学(第1問小問集合の(1))で盛大に間違えました。

f:id:lifehack719:20180629233223p:plain

普通に、「摩擦ないし衝突後も力学的エネルギー保存やん」って言って間違えました。

衝突した時にエネルギー失われるやん・・・

運動量保存から解く問題でした。アホだなあ。

 

第2問は電磁誘導系、第3問は波動の干渉の問題でしたがさっぱり覚えてませんでした。

 

それでも5年越しでもキルヒホッフの法則やら、万有引力の法則やらがとっさに出てくるあたり、なかなかやるやんって感じでもある。

あと物理の問題は次元(単位)とか、常識に照らし合わせると多少無理やりでも答えが出せたりするものなのでそのあたりで助けられた問題も多々あります。

受験生はこういう地力をつけておくと役立つかも。

 

感想と受験生に伝えたいこと

改めてセンター物理を解いて見て思ったのは、受験生はこれは100点取れないと駄目だなってことですね。

はっきり言って漆原の面白いほどわかる本さえ100%わかってて少し演習積めば間違いなく取れるような基本問題ばっかりです。

 

力学的エネルギー保存や運動量保存とは何か、いつ成り立つか

回路の問題を見たらどう解き始めるか

電磁誘導の諸公式を覚えているか

干渉の定番問題を解けるか・・・

 

こういうのが何も見ずに言えれば100点取れます。

どうしても物理苦手って人でも80点は切らないはずです。

 

もしそんな簡単に取れるとは思えないのであれば、参考書があっていないか、勉強のやり方がイマイチって可能性が高いです。

まずはそこを見直す必要があります。色々と記事を書いてるので、下の方にリンクは貼っておきます。

 

良問の風・名問の森や重要問題集やらはいい参考書ですが、センター100点って当たり前だな、と思えてから取り組むものですね。

漆原の面白いほど(か同程度の参考書)+エッセンス+センター演習少し

やって少なくとも90%は余裕で取れるようになって初めて難しい問題集がいいと思います。

 

82点しか取ってないのに調子乗りました、すいません。

 

勉強法とかについても色々書いてます

 

lifehack-science.hatenablog.com

 

 

lifehack-science.hatenablog.com

 

 

lifehack-science.hatenablog.com