治験バイトとは?稼げる?大学生がやってみた記録

[twitter:@penponpan123]です。

治験バイトって儲かるらしいけどどうなの?って思ってる人結構多いんじゃないでしょうか。お金も結構もらえるし、楽だという噂なのでやってみました。約1週間で10万円ぐらいの案件でした。治験の見つけ方としては、V-NETやMedical Basementと行ったサイトに会員登録する感じですね。会員登録すればたいていいくら貰えるのか、といった情報が得られます。

以下、体験記です。

事前に健康診断

治験の1週間ほど前に健康診断があります。この前の1週間はカフェインや薬、サプリメントの摂取が制限されます。健診を終えると数日後、電話等で問題ないことが伝えられます。無事治験に参加できることになりました。治験に応募しようと思ってる人はサプリメントとかは早めにやめておきましょう。

治験の前日などもカフェインなどの摂取は制限されます。あと、前日の夕食の時間が決められ、当日の朝は絶食です。ふだん朝飯をしっかりとる僕はこれ結構キツかったです。

治験初日

初日には採血や尿検査等を行いました。なんでも、この結果次第でこの後の治験に進めるかどうかが決まるのです。病院に来ている被験者は10名ほどでしたが、検査の結果半分の5名ほどに絞られるとのことでした。厳しい。。

それほど体が強くはない僕ですが、なんとか残れました。健康管理はしっかりやっておきましょう。ちなみにこの段階でふるい落とされても、健診に来たことに対する謝礼みたいな物が支払われます。多分5000円ぐらい。

流れとしては、午前10時ごろ到着したら手荷物検査、尿検査や血液検査、しばらくして結果発表という感じです。受験の発表より緊張しました笑。

その後昼飯です。昼飯はお弁当ですが、朝飯抜きだったこともあり美味しかったです。が、あまり満腹にはなりませんでした。

治験の部屋は

その後は部屋に案内され、特に何もなく過ごせます。なぜか旅館のような畳の部屋を想像してたのだけど、病院の一室でした。当たり前だ。一部屋に8人ぐらいはいります。入院してるような感じですね。ベッドは横幅が狭く少し寝づらいですが、まあ快適です。さすが病院、空気清浄機がついてるので非常に空気が綺麗だと感じます。

ベッドに横たわる。ここ数日わりかし忙しかったので、何もしなくて良い(むしろ何もしちゃいけない)のがとんでもなく心が安らぎます。子供の時、年末年始におじいちゃんの家に遊びにきてコタツで何にも追われずごろごろしていたあの時を思い出します笑

院内に結構な数のマンガがあるので多くの人はそれを読んでました。僕はあまり漫画は読まない人なので読書をしたり、フランスに行く予定があるのでフランス語を勉強したり、Amazon primeテルマエロマエを見たりして過ごしました。やはり朝飯抜きプラス昼メシもそんなに量はないので腹が減りました。逆に言えば気になるのはそれぐらいですね。

投薬日

治験の種類によりますが、基本的に毎日投薬する訳ではありません。そのため、投薬日とそうでない日でだいぶ行動が変わります。ここでは投薬日について書きます。

投薬日は朝からトイレや水を飲む量などが管理され、なかなか慌ただしいです。そして投薬やら採血やらで結構疲れます。結構な量血液を持っていかれますからね。14時ごろ落ち着き、そのあとはトイレと水飲みを報告する以外は自由です。なんだかんだで疲れたので昼寝しつつ、フランス語やったり漫画読んだりしてました。ワンピースって面白いですね(今更)。

その後は、3日目は何もすることなし、4日目は投薬日、みたいな感じで続いてきます。

投薬日じゃない日

は、ほんとに楽です。何もせずに1〜2万円/日が入ってくる上に食事やシャワーもある。ユートピアです。記憶が曖昧ですが、トイレや飲んだ水の記録は義務だった気がします。

終わってみて思えば、意外と疲れたなあという感じです。なんだかんだ家が最強です笑

気になったこと

  • 腹が減る。飯が少ないってわけでもないんですが、間食とかできないので、集中して勉強すると腹が減ります。
  • 留置針が気になる。採血を何度もするので、腕に採血用の針が付けっぱなしになります。そんなに痛いとかないですが、やっぱり落ち着きません。とはいえ、慣れるとあまり気にならなくなりました。
  • 採血が多い。五日間で献血1,2回分は採血したんじゃないでしょうか。血の気の少ない僕は少し負担ではありました。
  • サプリメントとかはとれない。僕は普段ビフィズス菌サプリメントを飲んでるんですが、こういうのは持ち込みできません。なので、治験が終わる頃には胃腸の調子が崩れてしまいました。
  • 投薬は少し怖い。やっぱ、まだ認可されてない薬な訳なのでビビります。まあ、基本的には問題ないと思いますが。

良かったこと

  • 投薬中や採血中以外は何をしてもよい。起きてる時間の60%ぐらいは自由時間です。その間はもちろん勉強してもいいし、寝ててもいい。これで10万近く貰えるのはあまりにも美味しいです。
  • (普段忙しい人は)心が休まる。とはいえ、忙しい人は治験なんか参加できないでしょうが…
  • 医療の進歩に役立つ。

こんな感じです。もう一度やるかと言われたら微妙なところです。僕はそもそも体がそんな強くないのでサプリメントとか制限されるのが辛い&採血が大変なので。

でも、かなり美味しいことは間違いありません。時間がある人は一度やってみて下さい!